企業情報

HOME > 企業情報 > 沿革

沿革

2017(平成29)年     6月

三重県桑名市より「桑名グローカルカンパニー」の認定。

2017(平成29)年     2月

三重県教育委員会より「みえの人づくり応援隊 特別感謝状」を贈呈。

2015(平成27)年     3月

現社長 後藤大介、代表取締役に就任。

2012(平成24)年     10月

中国に現地法人「天津科保自動化設備有限公司(独資)」を設立

2010(平成22)年     7月

中国天津市に天津営業所を開設

1月

大連新藤机械㈲を、大連科保自動化設備㈲に名称変更

1月

佛山新藤机械㈲を、佛山科保斯自動化設備㈲に名称変更

2009(平成21)年     8月

OHSAS18001の認証を取得。

2007(平成19)年     11月

デュアルシステム取り組み優良企業として「文部科学省 キャリア教育優良事業」を受賞。

5月

「2006年 デンソーグローバル協力賞」を受賞。

2006(平成18)年      1月

中国に佛山新藤机械有限公司(独資)を設立。

2005(平成17)年     12月

アイシン・エィ・ダブリュ(株)と取引開始。

7月

アイシン精機(株)と取引開始。

3月

子会社 四日市産業(株)を吸収合併。

2004(平成16)年      6月

ISO 14001の認証を取得。

5月

(株)デンソーより品質賞を受賞。

2003(平成15)年      9月

ISO 9001の認証を取得。

2002(平成14)年     12月

子会社 (株)新日本ディーエフを四日市産業(株)へ吸収合併。

11月

中国に大連新藤机械有限公司(独資)を設立。

1998(平成10)年      1月

豊田紡織(株)【現:トヨタ紡織(株)】と取引開始。

1995(平成 7)年     12月

住友電装(株)と取引開始。

9月

NTN(株)と取引開始。

1994(平成 6)年      8月

イビデン(株)と取引開始。

6月

日立金属(株)と取引開始。

1992(平成 4)年      2月

(株)デンソーより納期賞を受賞。

1991(平成 3)年      2月

(株)デンソーより優良賞を受賞。

1990(平成 2)年      7月

(株)デンソーより品質管理賞を受賞。

4月

神鋼電機(株)、神電ファクトリーサービス(株)と取引開始。

1987(昭和62)年      9月

富士電機(株)部門を(株)新日本ディーエフへ移管。

3月

(株)新日本ディーエフを創立。

1985(昭和60)年     12月

モールド金型部門に進出する。

1984(昭和59)年      7月

専用機組立工場(200坪)を新築。

1982(昭和57)年      4月

ダイキャスト金型部門に進出。

1977(昭和52)年      3月

松下電工(株)と取引開始。

1976(昭和51)年     11月

二代社長 後藤繁夫、代表取締役に就任。

1973(昭和48)年      6月

資本金4,800万円に増資。

2月

(株)デンソー機工会に入会。

1971(昭和46)年      7月

四日市産業(株)創立。

1968(昭和43)年      6月

現工場竣工、完成。

1967(昭和42)年      9月

日本電装(株)【現:(株)デンソー】と取引開始。

1960(昭和35)年      6月

初代社長 後藤保が富士電機(株)協力工場として会社創立。

PAGE UP