CSR(社会・環境活動)

HOME > CSR(社会・環境活動) > CSRマネジメント > コンプライアンス

コンプライアンス

新日本工業は、社会の一員として法律や社会ルール、マナーを守るための一つの行動基準として、「行動倫理ガイド」を作成し、社員一人ひとりがこれに沿って行動することを誓っています。今後はこの行動倫理ガイドをもとに、内部統制の機能充実を図り、間違いを起こさない仕組み作りをより一層整えていきます。

行動倫理ガイド

  1. 社会との関係
    法規範の遵守
    私たちは、定められた法令だけでなくその背景に存在する倫理的・道徳的精神を守り、企業人として、また社会人として良識ある行動を心がけます。
    環境保全・保護
    私たちは、環境負荷の軽減に努め、経営効率との接点を追求していきます。
    地球環境を保全し持続可能な社会づくりに貢献するため、関係法令および各種規制を遵守していきます。
    社会貢献
    私たちは、仕事を通じて社会貢献を行なうとともに、良き企業市民として社会貢献活動や文化・教育等およびその支援を自発的に行います。
    反社会的行為への関与の禁止
    私たちは、反社会的な活動や勢力には毅然として対応し、一切関係を持ちません。また、私たちは、反社会的勢力・団体の活動を助長するような行為を行いません。
    安全保障輸出管理
    私たちは、国際的な平和及び安全の維持を目的として、「外国為替及び外国貿易法」その他の国内外の関係法令による規制を遵守し不正に輸出がなされないことを確認します。
    寄付・政治献金
    私たちは、寄付や政治献金行為を実施するにあたっては、その必要性や妥当性を十分に認識し、関係法令に従って行ないます。
  2. お客様、取引先、競争会社等との関係
    製品・サービスの品質・安全性
    私たちは、製品の安全に関する法令および安全基準を遵守することで製品・サービスの安全性および品質において、お客様の満足を得られるよう心がけます。
    独占禁止法の遵守、公正な取引
    私たちは、すべての取引先との間で、国内、諸外国に適用される独占禁止法、下請法等の関係法令を遵守し、公正な事業活動を行います。
    また、複数の業者の中から取引先を選定する場合は、諸条件を公平に比較、評価した後に公正な契約を締結し社会倫理に従った誠実かつ最適な取引を行います。

制定日:2007年4月
新日本工業株式会社
代表取締役社長 後藤 大介

PAGE UP