CSR(社会・環境活動)

HOME > CSR(社会・環境活動) > ステークホルダーとの関わり > 従業員と共に > 人材育成・教育研修制度

従業員と共に

人材育成・教育研修制度

新入社員研修

新入社員が不安を払拭して企業活動に加わっていくことができるようにしっかりとした新入社員研修を提供しています。
入社前のサポートをはじめ、入社から配属まで、配属後にわたって新日本工業に関する基礎知識やビジネスの基礎知識を習得し、学生から企業人への切替を図ります。

管理職研修

管理職教育では経営者と同じ視点に立ち、全社的に業務を遂行出来ると同時に自らの能力とともに部下に対しても成長を促すことが出来るビジネスリーダーの育成を行なうことで、企業全体のレベルアップを図っています。

コンプライアンス研修

全社員のコンプライアンス意識を向上させるため、さまざまな研修機会をとらえ、職群や職務内容にかかわらず、コンプライアンス研修を実施しています。
法令・ルールおよび企業倫理の遵守徹底のため、回数・内容ともに今後更に充実を図っていきます。

自己啓発支援制度

当社には、従業員の自己啓発、資格取得に対して必要経費の一部あるいは全額援助と取得時の報奨金支給という支援制度があります。これは、社員のモチベーションを向上させ、人材の価値をさらに高めていくことを目的としています。社員の求める能力開発をより一層促進して、業務上では得られない知識や経験の習得をサポートすることにより、会社に多様性と新たな付加価値をもたらす制度となっています。

ジョブローテーション(人事異動)

社員の能力の成長と職場の活性化のため、積極的な人事異動(ローテーション)を推進しています。
より一層の事業強化と能力発揮機会の拡大を目的とし人材の配置・異動にあたって、十分なヒアリングを行ないサポートしていきます。

社内公募制度

社員がチャレンジする意欲を高め、自立型の意識を重視する姿勢をもってもらうため、社内公募制度をスタートします。
新規事業、海外事業、重点事業、新規プロジェクトの立ち上げなどにおいて、各部門が人事公募を申請します。社員なら誰でも応募資格があり、職場の上司を経由せず直接人事担当へ申し込むことができ、応募の秘密は厳守されています。
書類審査の後、募集部門と人事部門により面接が行われ、選考が通ると人事担当から異動が発令されます。

PAGE UP