CSR(社会・環境活動)

HOME > CSR(社会・環境活動) > ステークホルダーとの関わり > 従業員と共に > 評価・処遇

従業員と共に

評価・処遇

評価・賃金制度

新日本工業の賃金制度では、仕事上の成果とそこに至るプロセスを評価し、
その他の違い(年齢差、学歴差、男女差など)による報酬の差を排除しています。また「目標管理制度」も導入し、社員一人ひとりが高いレベルの目標に
向かって積極的にチャレンジし、やる気を持って職務に臨めるよう促しています。目標設定にあたっては、上司と部下が緊密に話し合うことで一体感を強めることができ、社内コミュニケーションの活性化にもつながっています。

男女雇用機会均等の取り組み

新日本工業は、雇用面や評価面において男女差を意識させない風土を作り上げ、男女雇用機会均等を実践し、男女の違いによる賃金格差を完全に廃止しています。

従業員表彰制度

新日本工業は、従業員の働きがいと誇りの向上と、互いを尊重し成果や努力を賞賛しあう良好な組織風土づくりを目的として、様々な表彰制度を設けています。この表彰制度を通じて、優れた活動や成果をグループ全体で共有することで、従業員のモチベーションの向上を図ります。

社長賞
年間において、優れた功績を挙げた従業員やプロジェクトを対象に実施しています。会社の発展の為に貢献した個人・グループを全社員の前で表彰します。
永年勤続表彰
会社の繁栄・発展のために長年貢献した従業員への感謝として永年勤続を表彰しています。対象者へは、年数に応じて、特別有給休暇とともに「リフレッシュ・ボーナス」が付与され、有意義に活用されています。

PAGE UP