CSR(社会・環境活動)

HOME > CSR(社会・環境活動) > ステークホルダーとの関わり > 従業員と共に > 公正・公平な雇用

従業員と共に

公正・公平な雇用

障がい者雇用への取り組み

新日本工業は障がいのある方々が社会的自立を実現できるよう、障がい者雇用の拡大に努めています。 各職場で密接なコミュニケーションをとりながら、障がいをもつ社員が快適に働けるようサポートを行っていきます。

高齢者雇用への取り組み

60歳の定年を迎える社員に能力と意欲があれば、定年後も仕事を続けることができる「定年退職者再雇用制度」を行なっています。
定年退職者の豊かな経験や能力を積極的に活用するため今後もより一層高齢者採用の拡大に努めてまいります。

ダイバーシティ(多様性)の尊重

グローバルに事業を展開する当社では、文化や考え方の異なるさまざまな国の従業員を採用していきます。
従業員一人一人の個性を尊重、理解し、活かすことができる職場環境や企業風土を創出することが、企業にとっての「多様性」を実現する上で最も重要なことだと考えます。

女性の活躍支援

これからの女性の活躍を支援するため、経営層が女性社員にヒアリングを実施するなどの活動を行っています。 能力がある人材であれば、性別を問わず積極的に幹部への登用をしていきます。

採用状況

新日本工業では、人員計画、事業計画等を踏まえた採用活動を推進しています。
採用の告知に当たっては、弊社およびwebサイトや人材紹介会社などを活用しています。

当社における最近3年間の新卒、中途採用者数は下表のとおりです。

年度 平成19年度 平成18年度 平成17年度
新卒採用者数 6人 5人 5人
キャリア採用者数 4人 2人 1人

PAGE UP