CSR(社会・環境活動)

HOME > CSR(社会・環境活動) > ステークホルダーとの関わり > 仕入れ先と共に

仕入れ先と共に

すべての仕入れ先との「公正で公平な取引」を徹底するとともに共存共栄をめざした取り組みを推進しています。

公正・公平な購買活動

新日本工業は仕入れ先と相互繁栄できる取引関係の確立が重要だと考えています。
仕入れ先と信頼関係を築き、密接なコミュニケーションの促進を図るため、購買基本方針を作成し、新日本工業の基本姿勢や仕組みを提示しています。
今後も、情報交換を緊密に行ない、仕入れ先との相互発展・相互信頼をより強化していきたいと考えています。

PAGE UP

新日本工業の購買方針

すべてのお取引先は新日本工業の良きパートナーであるとの認識のもと、公正・誠実な取引を心がけることを購買活動の大前提といたします。経営・環境・社会というそれぞれの面で企業としての責任を果たし、企業と社会、そして地球が持続可能な発展を目指すためのバランスの取れた購買活動を行なってまいります。

  1. 法律・社会規範の遵守
    購買活動の実行にあたり、国内外の法令や社会規範をサプライヤーと一緒に遵守する良き企業市民として活動してまいります。
  2. 地球環境との調和
    環境関連法規を遵守するとともに、地球環境への負荷がより少ない商品・原材料の購買に努め、サプライヤーと共に環境負荷の軽減に取り組んでまいります。
  3. 機会の均等
    「公平・公正・機会均等」の原則に立ち、常に国内外のすべての企業に門戸を開放し対等な立場で公明正大な取引の機会を提供します。取引開始にあたり、購買業務遂行上知り得た取引先の機密情報について、当該取引の目的以外に使用せず、第三者へ漏洩しないことを約束する機密保持に関する契約書を取り交わします。また、取引に応じられない場合にはその理由を明確に回答するなど、取引希望企業等に対し真摯な姿勢で対応いたします。
  4. パートナーシップ
    より良いパートナーシップの構築を目指し、相互発展・相互信頼を確立・維持していきます。また、優れた企業と継続的な取引を行うため、透明性のある合理的な評価を定期的に行います。

制定日:2007年4月
新日本工業株式会社
代表取締役社長 後藤 大介

PAGE UP

仕入れ先に求める基本姿勢

新日本工業は、倫理・法令およびその精神に基づいた取引を重視しています。
したがって、購買パートナーの皆様にも主旨をご理解いただき、新日本工業のCSR推進活動にご協力いただきたいと考えております。

  1. 企業文化
    人権の尊重
    地域住民との適切な関係
    安全・衛生
    健全な職場環境づくり
    政治との健全な関係
  2. 透明性のある企業活動
    機密の厳守
    贈賄の禁止
    法令・社会規範の遵守
    健全な事業経営の推進
    適正な購買取引
  3. 環境保全
    環境マネジメントシステムの構築
    グリーン調達の推進
  4. 技術力の向上
    新技術への取組み
    納期短縮への取組み
    品質・納期・安定供給
    VA・VE活動

制定日:2007年4月
新日本工業株式会社
代表取締役社長 後藤 大介

PAGE UP

イベント・交流会

定期的な交流を活かした関係づくり
年に1回会社ゴルフコンペの参加、その他各イベントにも参加して頂いております。
品質管理、指導
定期的な教育、不良事例の展開などの協力体制を取っております。

PAGE UP