CSR(社会・環境活動)

HOME > CSR(社会・環境活動) > CSRマネジメント > CSRの考え方

CSRの考え方

当社では、経営理念として

  1. 全従業員の幸福を追求し、希望と生きがいを持てる企業
  2. 地域、社会の発展に貢献する企業
  3. 何事にも誠意をもって取り組み、お客様に価値を認められ信頼される企業
  4. 常に挑戦する精神を持ち続け、永続的に発展する企業

の4つを掲げています。

その理念を行動指針として表した "新日本フィロソフィ" をベースに経営を行い、悩み行き詰ったときには原点に立ち返る指標としてきました。
「人間として何が正しいか」という考え方を判断基準とし利己的では無い "利他" の心をもって世のため、人のために尽くすことに努めてきています。

つまり、新日本工業にとってのCSRは、決して新しい概念、価値観ではなく、経営の根幹である「経営理念」「新日本フィロソフィ」の実践そのものであり、新日本フィロソフィを実践することにより、ステークホルダーとの相互信頼の構築、新日本工業の持続的な発展、そして社会の健全な発展に寄与することにつながると考えています。

新日本工業のCSRの考え方

豊かな社会の実現

PAGE UP

企業行動宣言(CSR宣言)

私たちは、"企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility)" が企業活動そのものであることを自覚し、法令の遵守はもとより、高い企業倫理に基づいた誠実かつ公正な事業活動を実践し、地球環境、地域社会の持続的な発展に率先して貢献します。

【お客様の満足】
「お客様第一主義」という信念に基づき、ニーズの的確な把握、技術力の向上に努めます。
お客様の声に誠実かつ迅速に対応し、今後の提供力の向上、業務の改善に活かします。
個人情報保護の社会的重要性を強く認識し、お客様の個人情報保護の徹底に努めます。
【従業員の人権尊重】
従業員が生きがいとやりがいを持って働けるように、「相互信頼・相互責任」の価値観を築き上げ、それぞれの個性や人格を尊重します。
従業員が能力と創造性を発揮し、成長と自己実現を図るための開かれた企業風土をつくります。
安全で働きやすい健康的な職場環境作りに努めます。
【地域・社会への貢献】
事業活動を通じ環境保全に努め、地球環境との調和ある成長を目指します。
従業員が自発的にボランティア活動を行うことを奨励し、社会貢献活動に積極的に取り組みます。
企業情報を適時・適切に開示し、地域社会とのコミュニケーションに努めます。
反社会的な勢力とは一切関わりを持たず、社会秩序の維持に努めます。
【仕入先様との共存共栄】
仕入先様を大切なビジネスパートナーとして尊重し、長期的な視野に立って相互信頼に基づく共存共栄を目指します。
下請法、独占禁止法等の法令およびその精神を遵守し、健全な自由競争のもとに公正かつ適切な取引を行います。
【コンプライアンス体制】
法令および企業倫理を遵守し、透明かつ健全な企業活動を行います。
社内外への教育・啓蒙活動を徹底して行うことで、法令遵守に関する体制を一層強化し、不祥事などの未然防止に努めます。

制定日:2007年4月
新日本工業株式会社
代表取締役社長 後藤 大介

PAGE UP